fbpx

小学生向け模試 外部参加受付中 【公立中学進学予定者】

塾からのお知らせ





弊塾の小学生達は年に4回全国模試に挑戦しています。


↓このようなブログを書いておりますと、ちょこちょこ「塾生でないと受けれないのですか?」といった問合せを頂くようになりました。






そこで、、、、


塾生でなくても模試を受けれるようにいたしました。


詳しくは↓↓こちらを参照下さい。



うちの子大丈夫ですか?



よくそのような相談を受けますが、「分かりません」以外にお答えのしようがありません。


小学校のテストではやはり定着しているかどうかは分からないのです。どれだけ勉強しても、模試の点数が上がらないことには中学にいってもやはり苦労はします。


塾講師として、お子さまが中学生になり「こんなはずではなかった」という相談、をあまりにも多く受けます。


その際は、やはり小学生として身につけるべき事を身につけれていないとしか言いようがないのです。




弊塾小学生に受けて頂いている模試で偏差値50を超え出すと各中学校の上位20%程度、60を超え出すと各中学校の上位10%に入る実力を持って中学生になる感覚です。




小学生模試を受けてみたい方

・テレビ、YouTubeのCMで流れてくるような模試を受けてもピンと来ない。

・学校のテストでは80点~90点取れているが、、、実際は?

・偏差値50と言われてもピンと来ない。



・料金   3500円(税込)
・教科   英・算・国(2~3教科) 
・日程   要相談
・受付期間 3月末~4月中旬 



↓↓こちらから 「模試希望」とご連絡くださいませ。

友だち追加




受験して頂いた方には、赤穂市の各中学校や赤穂市の高校受験の状況に照らし合わせてお話出来るかと思います。塾に通うタイミングは、お子さまが「危機感」を感じた瞬間が最適だとは思います。まってられないというケースは十分すぎるほど見て参りました。





なお、弊塾は、公立小学校→公立中学校→公立高校から大学受験を目指す塾です。中学受験や中高一貫校についてのご相談はお答えしかねますので、ご了承下さいませ。








Willbeへのお問合せは公式LINEから

ブログやお知らせなどをタイムラインにて定期配信中!

気が向いた時だけブログを読めるようになっております( ´∀`)

弊塾に対する相談・お問合せは公式LINEから!


友だち追加



Willbeはどんな学習塾??

 

2021年度は在籍中学生の4人に1人が1桁順位経験者

 

お父さん、お母さん ご自身の学生時代を思い出して下さい。

よ~~~く思い出して下さい。

よ~~~く思い出して下さい。

思い出しました??   徹夜して勉強したこと。

勉強はしようとは思うが、、、   なかなか手が進まなかった日々。

宿題やってるだけで「満足」に成績上がりました?

 

結局は、自分でどれだけやったかなのです。

 

だから、

きっちり自学できることが大事なのです。自学出来ない子は確実に高校で落ちこぼれます。

だから、

小学生のうちから自学なのです。自分で勉強した量だけ力がつくのです。

 

Willbeには、 20位から一桁順位に入りたいから毎日来てる中学生もいれば、5教科150点を250点にしたいから毎日勉強しに中学生もいます。

学年1位の中学生・高校生、全国模試で偏差値65を超えてくる小学生が学んでいます。

共通点は、、、塾に来たら黙々とタンタンと勉強を続けること。

 

もちろん!!

 

生徒が「自分の勉強」とやらをしていても学力は上がりません。 故に、「自分1人では出来ないけれど、教材や講師の助けがあればギリギリ取り組める」をかけていくところが腕の見せ所。

そんな塾です。

 

 

通塾回数目安

Willbeは教科ごとに月謝をいただいているため、通塾回数で月謝は変わりません。

 

目標は、定期テスト2週間前までにテスト範囲の勉強を終わらせること。

 

週70分×2回/1教科で目標を達成できないならば、週70分×3回~4回通塾して下さい。

 

 

定期テスト5教科200点未満のお子さまへ

弊塾に入塾テストがございますが、優秀なお子さまばかりを集めて進学実績を積み重ねる塾ではありません。

 

しかし、勉強する覚悟だけは持って来て下さい。

 

人生を変えるほど勉強しましょう。

 

「定期テスト1教科80点を90点にしようとするお子さまの努力・精神的辛さ」

「定期テスト1教科30点を50点にしようとするお子さまの努力・精神的負荷」

は同じです。

 

30点子だからこそ、週4日~5日通塾など定期テストで上位10%以内を目指す程の生活習慣の大改革が必要です。

だれでも生活習慣の大改革を行うのはかなりの覚悟が必要です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました