fbpx

物理が苦手??

物理が苦手な人へ




赤穂市の進学個別指導塾Willbeの光庵です。


何を隠そう「ド」がつくほどの文系脳である私には書けなかったので今まで書いてきておりませんでしたが、


本日は、弊塾にて物理を指導する百瀬が「物理を苦手な人が克服するために意識してほしいこと」をテーマに、「物理を苦手としている人に毎回伝えていること」を話してまいります。




初回の今日は「物理を学ぶ姿勢」のようなものです。




赤穂市の「物理に苦手意識をもっている高校生」はぜひ一読くださいませ。少しでも赤穂の皆様のお役に立てれば幸いです。






物理を苦手な人がよくやる勉強法


物理が苦手な人に話を聞くと、「問題集を解いているけど、理解できない」という話をよく耳にします。



文字ばかりで何をしているのかを分からない!という感覚なのだと思いますが、話をよくよく聞いてみると、



公式を見ながら問題を解いてやっている
公式がしっかりと頭に入っていない



という状態で解いている事が多いです。



当たり前ですが、公式を理解していない&覚えていないのに問題を解こうとすると、公式をとりあえず覚えて当てはめてみるみたいなやり方になってしまいます。

そのやり方でやっているとどこかのタイミングで「解説を読んでも理解できない!」「何しているのか分からん!」となります。

じゃあ、公式を覚えればできるのか、というとそうではないのです。



もちろん、公式を覚えていなくては解けなくて当たり前なのですが、単に覚えただけでは解けないのが物理の難しいところです。



今回は公式を覚える&理解するにあたって、まず何よりもやってほしいことをお話しします。

物理を苦手な人が克服するために意識してほしいこと① – 理系のための大学受験塾SoRa (rikei-sora.com)





公式に出てくる文字の定義が大事!


物理の苦手を克服する一歩目として、公式に出てくる文字の定義を図や言葉で正確に理解してください。「なんだ、そんな簡単なことか…」と思った人もいるかもしれませんが、これが結構難しいのです。


公式に出てくる文字と言えば、重力加速度gなどです。

もちろん、簡単なのもありますが、簡単だと思っていたものが、実は正しく理解できていなかったなんてパターンもあるのです。





たとえば、中学校の理科で習う“等速直線運動 x=vt“という式があります。





tが時間だとして、xとvの文は何を表すでしょうか?



中学の理科だからと言って甘くみずに、答えを見る前にちょっと考えてみましょう…





「xが距離、vが速さ」と答えた方





残念!!





正解は、

xが変位、vが速度」です。




不正解だった人はどういうこと??ってなったかもしれませんね。



「変位?どのくらい動いたかってことなら、距離じゃないの?」


「速度と速さって同じじゃん!」



みたいに。





でも、違うのです。





ここで、一応、解説をしておきます。


距離は、「物体が実際に進んだ道のりの長さ」 変位は、「初期位置を原点とした数直線上のどの位置に移動したのか」


となります。

物理を苦手な人が克服するために意識してほしいこと① – 理系のための大学受験塾SoRa (rikei-sora.com)



文で説明されると難しいですが、図で表すとこんな感じです↓





原点Oに人がいてO→A→Bと移動したとき、この人の移動距離は7mとなります。しかし、変位はと聞かれたら、原点Oから-2のところに移動したので、変位は-2mとなります。

つまり、変位は原点から+-どちらの方向にどのくらい移動したのかを表します(これをベクトルといいます)

対して、距離は単純な移動した道のりを表します。


このように言葉や図で正確に理解することが大事です。



次に、速さと速度について。

速さは、「1秒あたりに進む移動距離」

速度は、「1秒あたりの変位」

になります。これも図を使って説明すると、

物理を苦手な人が克服するために意識してほしいこと① – 理系のための大学受験塾SoRa (rikei-sora.com)



AもBもどちらも進んでいる距離は6mなので、速さは6m/sですが、速度は、Aが 6m/s、Bが -6m/sとなります。このように、この簡単な公式を一つとっても正しく解釈をするのが如何に難しいのかがお分かり頂けたでしょうか。もしかしたら、「国語みたいだな~」と感じた人もいるかもしれませんが、そうなんです!


実は物理は言葉の意味や問題文を正確に捉える国語力がないとできない科目なのです。

ですから、物理=計算だと思って、数学のように公式を覚えて当てはめていこうとしている人は皆、撃沈していきます。



なぜなら、公式の中に出てくる言葉や文字の定義をスルーしてしまっているからです。そこに厳格になることが出来る人は、物理に強くなれます。



もちろん、これだけで物理を解けるようになるわけではありませんが、この姿勢がないと物理はいつまで経ってもできるようにはならないのです。物理は難しい科目かもしれませんが、こういったところから丁寧にやっていけば必ずできるようになる科目なので、諦めずに頑張っていきましょう!!

物理を苦手な人が克服するために意識してほしいこと① – 理系のための大学受験塾SoRa (rikei-sora.com)









Willbeへのお問合せは公式LINEから

ブログやお知らせなどをタイムラインにて定期配信中!

気が向いた時だけブログを読めるようになっております( ´∀`)

弊塾に対する相談・お問合せは公式LINEから!


友だち追加








Willbe高校部



進学個別指導塾Willbeは、赤穂市最強の大学受験環境を目指して、小学生から高校生まで一貫して自学力を武器に、2019年、赤穂市出身の塾長である光庵が「高校時代にこんな塾があったら良いな」と思っていたことを実現するために設立した塾です。





Willbe 高校部の強み

  1. 総合型/学校推薦型選抜入試に強い
  2. 1年365日24時間質問対応
  3. 赤穂市では出会えない大学受験専門プロ講師による指導
  4. 自学が進む環境
  5. お盆や正月も使える自習室





料金体系

●授業料 高1~高2

※基本的には学校教材と弊塾指定の問題集・参考書などを購入して頂きます。

コース名受講教科授業回数月謝教材費
ベーシック全科目自学メイン、定期テスト毎面談22,000円
+個別指導1科目自学+個別指導33,000円
+個別指導2科目自学+個別指導55,000円
※高校生の教材費は、指定の問題集を購入して頂きます。




●授業料 高校3年生

コース名授業回数授業料教材費
自学ベースライトプラン面談日のみ固定33,000円
自学ベーススタンダードプラン面談+個別指導/個別指導1~2教科55,000円
自学ベース大逆転プラン面談+個別指導/個別指導3教科88,000円
推薦対策コース総合型/学校推薦型選抜入試
対策コース/小論文/志望理由書など
別途ご相談下さいコチラ
※教材費は、指定の問題集を購入して頂きます。







大学受験合格実績

2021年度

 

2021年度以前

 

近畿大学
農学部

 

京都産業大学
経営学部

 

福山公立大学
都市経営学部

 

大阪産業大学
工学部

 

日本体育大学
スポーツマネジメント学部

 




Willbeへのお問合せは公式LINEから

ブログやお知らせなどをタイムラインにて定期配信中!

気が向いた時だけブログを読めるようになっております( ´∀`)

弊塾に対する相談・お問合せは公式LINEから!


友だち追加


タイトルとURLをコピーしました