fbpx

青鷺(アオサギ)がいる塾

小学生







本日。


小学生算数。


正解してても間違っていてても「なんでなん?」と私に聞かれる小学生達。






まったくわかって無さそうな時には聞きません。


まったく分かってなさそうでも、どう考えたか知りたい時にも聴きます。


言葉が拙すぎる時は、言い直してあげます。


この雰囲気に慣れるまではしんどいとは思います。






小学生たちがある程度説明することに慣れてくると、勝手に自分の間違えに気がついてくれるので重宝しております。とはいえ、使い所を間違えると地獄笑


伝家の宝刀「なんでなん」は、切れ味がすごすぎるのです。







さてさて、とある小6。


自分で説明しながら


小6「6と12の最小公倍数が〜〜〜24で〜〜〜正方形にするためには〜〜〜〜え〜〜〜〜〜縦が4枚で〜〜〜〜〜横が2枚だから〜〜」


小6「・・・・」


小6「あ“〜〜〜っ」


小6「やり直してきます。」







このやりとりが何度か続き、


あまりにも濁った音なので、注意いたしました。(半分冗談ですよ)







私「○○くん。ここは美しい塾です。汚い声を出すのは私だけです。」

私「美しい声を出しなさい」






私「アナタの声は鷺のように汚い声ですよ」

私「鳶のように美しい声を出しなさい」








チーム小学生「鷺?」









小学生10人中6人がキョトンとした顔をしているので、


みんなで聴きました。


鷺の鳴き声。















↓これ。

アオサギ鳴き声






「あ“〜」ってね。



上品でありたいものです。












しかし、


問題の間違えを気がついた時に発する美しい声とは、、、一体。









小学生達は、


私に答えがないのを知ってか知らずかそこには突っ込まず、


修学旅行の鹿の鳴き声の話になりましたとさ。




















しかし、


実は、


問題を間違えた時。


その間違えに気がついた時。


青鷺のような声でも良いと私は思っています。





大人は嘘つきです。





心が動かない勉強なんて勉強ではありません。









生徒が感情見せてくれないとね。


やりにくいったらありゃしない笑










楽しそうに勉強してますが、楽しくはありません。


弊塾小学部は、怖いっていう子もいれば、先生がおもしろいっていう子もいれば、楽しいという子もいれば、先生だけがチョケテルという子もいれば、、、、、、静かだという子もいます。


さてさて、


どれがいったい本物のWillbeなのか笑






「楽しさ」と「苦しさ」は常に共存しているということは伝えたいなと思うのです。






Willbeへのお問合せは公式LINEから

ブログやお知らせなどをタイムラインにて定期配信中!

気が向いた時だけブログを読めるようになっております( ´∀`)

弊塾に対する相談・お問合せは公式LINEから!


友だち追加





タイトルとURLをコピーしました