fbpx

Willbe基本方針 1人で勉強できる子を育てたい

ジガクの素養





自分で勉強する。



なかなかに難しい言葉。



でも一番大事なんじゃないかと思っています。



「管理してください」「教えてください」



それは確かにその通り。








右も左も分からない時に、「え~からやれ!!」というのはかわいそう。


だから、最初に「勉強のやり方」のようなものをかなり口をすっぱくして伝えていく。


指示も具体的。



でもそのうち、私は生徒にあんまり何も言わなくなる。



守破離の「守」みたいなもんが出来るようになると、自走して欲しい。


「管理します」「丁寧に教えます」なんて塾が流行っていますが、すこし抗ってみたいと思っております。










先日、中3に「私に何もいってくれなくなりましたね」と言われましたが、、、、



それはそういうこと笑







今日も中3たちは、



良い準備が出来る部屋「ShallWe」に引きこもって勉強しながら、ノートチェックに来ている子もいれば、



家で勉強しながら、自分解説動画やノートを送ってきてたり、



それぞれに勉強しております。
















小学生や中学生に顕著ですけれど、


答えに辿り着かず生徒が悩んでいます。


解説を教えることに意味はなく、どう言った考え方が必要で、どの視点が必要なのか、ということが大事です。


だから、問題の解説をそのまますることはありません。






公式を覚えてないのに考えたりする、、、、。


それは無理だから考えることをやめさせたりはする。





自信満々に問題集に〇をつけてノートチェックに来て、「なんかわかんないところある~~~」と聞いて「ありません」と答える。だけれども、これどうやって解くの~~~~と聞くと「分かりません」と答える。

これだと「自分1人で勉強することは不可能





だから、、、


「分かる」ってのは、友達に質問されて説明できるぐらいのレベルだよ~~~と言いまくる。


数学だとわかりやすいが、


英語こそ自分で勉強するのが難しい科目な気がします。


どうやって頭を使えば良いのか分からない。


だから、英語こそ「自分で説明」が大事な気がします。


国語も英語も解答解説みたらなんとなく納得してしまいます。


これは危険。





だから、

実は「分からない」が「分かりやすい」数学の成績を上げる方が楽だったりします。









ま。


当たり前のことなんですけどね。


当たり前のことをしようとしない、やろうとしない子が多いのですよね。


一見、成績はよさそうに見えても


伸び悩む場合は、勉強観がズレてることもある。


タイトルとURLをコピーしました