fbpx

恐いよ~怖いよ~~

小学生



さて、


弊塾小学部の休憩時間はもっぱら立体四目でございます。授業終わりの18:30~19:00にかけて熱い戦いが繰り広げられています。


子ども達も賢くなって、私が本気でやって負ける子たちが増えてきました。悔しくて仕方がない。子供たちが「先生 勝負しよ~~~」と笑顔で話しかけてくることが恐怖で仕方ない。



子ども達に負けることが怖い



でも。



戦う。


そして負ける。



もとい、たまに負ける。



あ~~怖い。


個別指導塾Willbe 小学生 休憩時間の様子






もともとは数理パズルクラスで使用している教材なのですが、あまりにも面白いので小学生全員でやります笑。




残酷な事実ですが、立体四目にハマる子は間違いなく塾で成績を伸ばしていきます。



そういう意味では、ゴールデンエイジと呼ばれる小学低学年頃に、ゲームやボードゲームにハマって欲しいと思います。もちろん、好き嫌いや趣味の問題はありますから「読書をすれば必ず成績があがる」が違うように「ゲームをすれば成績があがる。」とは言いません。



だから、



ボードゲームやトランプを家族で本気でやるご家庭は素敵だなと思います。自然と勉強に必要な素養を身に付けているのです。お正月に家族で本気で100人一首をやる、保護者が本気で読書をする、、、、など、それはある意味で、大量のプリントをこなしていくことより大事な素養です。



今日、、、1000種類のボードゲームを使いこなす中学受験専門の先生に新しいゲームを教えてもらいました。




↓これこれ↓ これは面白い。確実に、勉強の素養が身につく。











赤穂で立体四目が流行っている疑惑


何人かの小学生が家庭で立体四目をやっていると。。。


ほほ?


何人かの小学生が学童で立体四目をやっていると??



ほほ?



これは、私が想像している以上に立体四目の知名度は高いのではないか?



立体四目選手権(リーグ戦)を夏休みに開催したら盛り上がるのでは??



どう??




赤穂市の立体四目ファンの皆様いかがでしょうか??



面白そうだと思った方!



是非↓↓ご連絡下さいませ!

友だち追加





え?






タイトルとURLをコピーしました