生徒募集状況

幼児~中3

詳しくはコチラ

姫路南高校・網干高校・家島高校の統合

塾からのお知らせ





姫路南・網干・家島高校の統合

県立高等学校教育改革第三次実施計画について|高校教育改革|高校教育課
ページ|兵庫教育委員会のホームページです。事業内容、入試、学校教育、教職員関係、生涯学習など、兵庫県内の教育に関する情報をお伝えします。

↑詳細はこちら




2023年12月21日、兵庫県教育委員会から姫路南高校・網干高校・家島高校の統合が発表されました。





・2023年12月現在、中2~中3の生徒はこれまで通りです。

・2023年12月現在、中1の生徒から「姫路海城高等学校(現 姫路南高等学校の校地を使用)」として募集が始まります。





これ以上の内容は不明です。









高校統合や入試制度の変更の噂に事欠くことがありませんが、教育委員会の発表を待つしかありません。








姫路市立姫路・琴ヶ丘・飾磨高校の統合



統合に関しては、2026年4月に、


姫路・琴丘・飾磨の姫路市立3高校が、市立姫路の校舎を使用して統合されることが決まっています。


こちらも2023年12月現在中1生徒からの募集です。


↓詳細はこちら↓







感想



子どもの人数が減り続けて、兵庫県公立高校の倍率は平均すると1倍です。


2000年に比べると県内の学級数は半分に減っています。


これ以上、各高校の学級数を減らすわけにもいかないなら、学校を減らすしかありません。



確かに、

一気に6高校が2高校に統合されると聞けば、

倍率が跳ね上がるのではないかと思ってしまうのも無理はありません。





しかし、

事実は、定員割れの公立高校が多すぎるのです。




劇的に合格に対する難易度が上がることは想像できません。





・母校が消える。
・新しい状況になれない


など不安はぬぐえませんが、



・私立高校助成金により私立を第1志望とするご家庭が増えている状況



など鑑みていきます公立高校進学に対する状況は、大きく統合されようとも現状と変わらないというのが素直な感想です。







タイトルとURLをコピーしました