fbpx

ゆっくりあせらず丁寧に

小学生~低学年~


小学生の音読を聞いていると、焦って早口で読む子がいます。




音読の目標を1分に設定していることも影響していますが、、、不思議なことに、、、ゆっくり焦らず正確に読んでもスピードは変らないのです。言葉の意味、係り受け、抑揚、句読点、、、ゆっくり丁寧に焦らず正確に!!



いつのことだったか、「小学校の宿題で1番サボってはいけない宿題は『音読』だ」とおっしゃる先生がいました。音読の重要性を頭では分かりますし、伸び悩む中学生が文章を読むことが苦手なことぐらい知っていました。2年ほど前までは「毎日生徒の音読を聞くのは無理だよね」と私自身が妥協していましたが、世の中がかわり毎日生徒の音読を聞くことが出来るようになりました。



やって良かった。



小学2年~3年生レベルの音読能力そのままに中学生~高校生になるお子さまがいらっしゃいます。



中学生に音読をやってもらい気がつくことは、誤字脱字が多い子は間違いなく音読をしても「読み飛ばし」「抑揚がなく」「修飾関係を無視」する特徴がありますね。ドリルを何回も大量に取組むのも良いですが、基礎学力が伴わない演習は結果的に苦行で終わります。



計算が速い。これがもっとも分かりやすくて成長が数字として目に見えるので速い計算に拘りがちですが、じっくりゆっくり、、、、毎日、毎日、小学生の音読を聞いていると1週間前~1ヵ月前と成長を実感出来ます。



中学生も小学生もテストで良い点数を取れる子=「基礎学力がある」ではないのが難しいところ。



確かに、共働きのお父さんお母さんが増える中で毎日お子さまの音読を聞くのは酷なことだと思います。やっぱり、1番サボってはいけない宿題は「音読」なのだと思います。




読む力を!!


タイトルとURLをコピーしました