fbpx

素敵な世界(本を読ませたいなら環境を)

Willbe図書館





大人のエゴ


それがWillbe図書館。










生徒「先生、、、中国のあれの本どこにあるんですか?」



私「????」



生徒「おかーさんが先生のあれであれを借りてこいと」



私「????」












なんのこっちゃいな??








どうやら保護者が私の↑↑ブログをチェックしてくださっているそうで、







その中から「お母さんが読みたいからWillbeから○○を借りてきて」を名目に我が子にお願いをしているそうです。



お母さんが本当に読みたいのかもしれませんが、起こっていることは、



我が子がWillbe図書館の本棚から本を探す。



なかなか素敵な世界です。







この辺↓↓の本も読んで欲しいとは思っていますが、本棚の場所として小学生には目が届かない場所にあります。



机が邪魔なので。。。




お母さんが読みたい本は、↑↑こちらの本棚。


小学生がこの本棚を漁る。


興味のない本から探す。


ふと気になるタイトルに出会う。


ついでに借りて帰る



素敵な流れです。









お母さんに言われた本を見つけて、


小学生が自分用に借りて帰った本は、漢文ゴロゴ



高校生用の受験教材です笑





案の定「思っていた本は違いました」なんて言いながら返していましたが、それでいいじゃない。





経験値は溜まっています。




教養は、幸運な時には飾りに過ぎないが、不運にあっては命綱となる。

アリストテレス









成績をあげることが塾の使命だとしても、それだけだとちょっとツマラナイ。




想像していた世界に一歩近づいたと思う瞬間です。














タイトルとURLをコピーしました