fbpx

赤穂高校、上郡高校から岡山大学を目指す方法

総合型選抜/学校推薦型選抜入試


総合型/学校推薦型選抜小論文対策専門塾Willbeの光庵です。



赤穂高校・上郡高校・相生産業高校・対し高校から岡山大学を目指す方法について語ります。楽して合格できるコスパの良い穴場入試を紹介したい訳ではありません。


志があるならば、推薦入試という道がある。


そのことを皆様にお伝えしたいのです。



まずは、岡山大学の総合型/学校推薦型選抜入試の要項をご覧下さいませ。どの高校に進もうとも評定平均4.0~4.5を維持し英検2級~準1級を取得していれば、推薦入試への道が開けます。





岡山大学 学校推薦型/総合型選抜入試

学校推薦型

共通テストを課さないもの

学部 学科 コース成績基準小論文面接志望理由書など英語資格・検定
文学部 人文4.3200100任意
医学部 保健  看護4.0200200100任意
医学部 保健  放射線技術4.0200200100任意
医学部 保健  検査技術4.0200200100任意
工学部 機械システム系4.3150150任意
工学部 環境・社会基盤系4.3200100任意
工学部 情報・電気・数理データサイエンス系4.3200100任意
工学部 化学・生命系4.3200100任意
農学部 総合農業科学 A方式200200100必須
農学部 総合農業科学 B方式4.3300100100必須


共通テストを課すもの

学部 学科 コース成績基準志望理由書など小論文面接国語数学理科社会英語
経済学部 募集方法A4.0300200100100200
経済学部 募集方法B4.3300200200(100または200)(100または200)200


※募集方法A
➀総合学科において簿記または情報に関する科目を含め職業に関する教科・科目を20単位以上修得(見込み)した人対象
➁専門学科対象

※募集方法B
普通教育と主とする学科を卒業する人対象







総合型選抜入試

共通テストを課さないモノ

物理チャレンジ
学部 志望理由書など面接英語資格・検定
理学部200200任意


ディスカバリー入試
文系書類審査記述問題(英語)プレゼンテーション個人面接
1次試験100
最終選抜10020070230
理系書類審査記述問題(英語)記述問題(理系)プレゼンテーション個人面接
1次試験100
最終選抜100100100100100



共通テストを課すモノ

学部 学科書類審査小論文面接国語数学理科社会外国語
教育学部 小学校教育400200200200(100)200(100)200
教育学部 中学➀400200200200(100)200(100)200
教育学部 中学➁500200100200(100)200(100)200
教育学部 中学 英語400(英語資格検定込)200200200(100)200(100)200
教育学部 特別支援教育400200200200(100)200(100)200
教育学部 幼児教育400200200200(100)200(100)200
教育学部 養護教諭養成400200200200(100)200(100)200
法学部  法学(昼間)100(英語試験検定込)200200
薬学部  薬学、創薬科学面接評価に含む200200100200200100200






岡山大学が求める志

大学 ディプロマシー(学部卒業時に身につけたい力)

人間性に富む豊かな教養【教養】

 自然や社会の多様な問題に対して関心を持ち,主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力を有し,先人の足跡に学び,人間性や倫理観に裏打ちされた豊かな教養を身につけている。

目的につながる専門性【専門性】

 専門的学識と時代を担う技術を身につけていると共に,それらと自然・社会とのつながりを意識し,社会に貢献できる。

効果的に活用できる情報力【情報力】

 必要に応じて自ら情報を収集・分析し,正しく活用できる能力を有すると共に,効果的に情報発信できる。

時代と社会をリードする行動力【行動力】

 グローバル化に対応した国際感覚や言語力と共に,社会生活に求められるコミュニケーション能力を有し,地球規模から地域社会に至る共生のために,的確に行動できる。

生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

 スポーツ・文化活動等に親しむことを含めて,自立した個人として日々を享受する姿勢を一層高め,生涯に亘って自己の成長を追求できる。

大学 アドミッションポリシー(岡山大学が求める人材)

岡山大学は,本学の教育を受けるのに必要な資質と基礎学力を有し,本学のディプロマポリシーに掲げる学士力を身に付けたいという強い意欲をもつ人,グローバル化社会での活躍を目指す人を,多様な入試方法により国内外から広く受け入れます。







志があれば難関国公立大学への道が開く。

推薦入試は決して楽な入試ではありません。


しかし、指定校推薦のみならず推薦入試概要を選択肢として高校入学段階で知っておく必要があります。私立大学に限って申し上げれば、入学者の半数以上が一般入試ではなく推薦入試であります。


詳しくは後述しますが、推薦入試に必要なのは輝かしい課外活動でもなく、圧倒的な学力でもなく、生徒会活動でも無く、であります。



➀大学受験の現実 高校偏差値50~55


現実から申し上げれば、偏差値50~55の高校から単純な学力勝負の一般入試を利用して、岡山大学・神戸大学・兵庫県立大学を目指すことは容易ではありません。


それは、自明であると同時に赤穂高校や上郡高校各高校の合格実績を確認いただければ想像が出来ます。


さらなる現実を申し上げれば、姫路西・姫路東・龍野高校など高校に関係なく、高校3年生の春に第1志望大学としている大学に入学出来ている高校生は、全国の高校生のうちの2%だと言われています。


この現実は、塾講師として、どの高校に入学しようとも安易に「岡山大学、神戸大学を目指して高校3年間で頑張れば大丈夫」と言えるようなものではありません。


一般入試に比べて推薦入試が楽だと申し上げたいわけでもございません。



➁「志」ある高校生に諦めろと言うべきなのか


我が子に、せめて国公立に行って欲しいと願う親御さんは多いでしょう。


高校生達も大学を探し始めた頃は、国公立大学、関西大学、立命館大学、関西学院大学、同志社大学を第1志望としますが、目指すべき目標と現実の差に戸惑い打ちのめされ、やがて口にはしなくなります。


受験は残念ながら残酷です。98%の高校生が第1志望の大学へと進学出来ていないのです。


ここで皆様にお伝えしたいことは、目指すべき闘いの水準すら知らずに脳天気に「なんとかなる」「なんとなく行ければ良い」とのんびりとした高校生活を過ごし、せっかくの機会を棒に振らないで頂きたいということでございます。


大事なことですので、繰返します。


推薦入試は、「志の入試」であります。


志とはなにか?


志とは、将来の夢ではありません。どういうことかと言えば、「将来、○○になりたい!」ではなく、なぜ、○○になりたいのか、○○になってどうしたいのかということです。医者になりたい、学者になりたい、社長になりたい、教師になりたいetc.、言うだけならば小学生でも言えます。以下にについて語った内容をまとめておきます。合わせて参照下さいませ。












こんな人はすぐにWillbeへ

  • まだ小論文対策を始めていない
  • 学校の先生に見てもらっているけれど、まともな添削指導になっていない気がする…。
  • 予備校の小論文コースを受講しているけれど、小論文がまともに書ける気がしない…。
  • 過去問を見たら、どうしたらいいのか分からなくなった(何を書けばいいのかわからない)…。
  • 配点を見て、他でカバーするからいいや、と思っている…。
  • 苦手科目があるから、小論文で差をつけてカバーしたい…。
  • 過去問対策として京都府立大学の問題を専門に見てもらいたい。





まずは、下記の公式LINEより現状についてご相談ください。

最短で合格のために特化した論述スキルの伝授、発想法の指導を行います。また、試験と同等の採点基準で添削を行います。したがって、何をどこまで鍛える必要があるのか、明確にして、指導を行います。

友だち追加







指導コースについて

・添削コース(添削+模範解答+アドバイスレポート)

添削に加え、アドバイスレポート(内容に関する詳細な指摘、小論文の改善方法を文面で指導いたします。)ある程度「書く」ことができる生徒様のご受講をおすすめします。





・添削+対面指導コース(添削コース+対面指導120分)


「添削コース」に加えて、添削のみでは教えきれない、課題に対する発想方法、出題者の意図をとらえる考え方を指導いたします。(※遠方の方は、双方向映像通信アプリZOOMを用いた対面指導を行います。スマートフォン、タブレットがあればどなたでもすぐにご利用可能です。)





タイトルとURLをコピーしました