fbpx

戦争広告代理店

中高生にお勧めする1冊




3月頃でしたが、ウクライナ情勢について、中学生や高校生たちと何か話をしようかとも思いましたが、


少し思いとどまりました。





そんなことは忘れて、本日、大学進学Kにお邪魔し本棚を物色しておりましたら、



高木徹さんの「戦争広告代理店」を見つけました。


初版が2002年です。


私が大学生の時に読んだ本でWillbeにも置いてあります。


何かを思い入れがある本です。







「情報戦を制するものが戦争に勝つ」といったことは、戦国時代よりはるかに昔から日本でも言われております。


当時の私は「戦争に広告代理店やPR会社が大きく関わっている」という事実を読んでもピントはきませんでしが、まごうことなく「情報ビジネス」として戦争にも民間企業が関わっていました。



Our Brand Is Crisis – Official Trailer [HD]
情報戦と言われて思い出した映画www



とはいえ、


本書が書かれたのが、インターネットが普及していなかった1990年代の中盤あたりの紛争を取り扱っています。


ウクライナ情勢のニュースを見ていくと、「一般市民のSNS投稿」といった言葉をよく耳にするようになりました。


戦争ジャーナリスト達が戦地を訪れる、訪れないなどの話は置いておいて、


戦争広告代理店から20年。


あれから、情報戦のルールは変わったのでしょうか??




そんなことが気になり始めました。





そんな話をしてみても良いかな〜〜〜





と思ってウリウリ考えておりましたが、やめておきましょう。




ちょっと話が長い笑






本日は、


20年前の古びた本を新しく買い直すことを決めました。


ちゃんちゃん




タイトルとURLをコピーしました