fbpx

三好達治の詩

小学生 音読見本




本日もせっせと小学生音読教材を作成中。


とはいえ、


私が朗読したわけではなく、赤穂の朗読のプロにお願いしております。


私はただただ赤穂の皆様に生かされております。


感謝。



三好達治の詩【乳母車/わが名をよびて】音読見本








う~~~ん




なんなんでしょうね。




何を表現しているのかまったくわかりません笑




なんとなく美しい気はしますし、




哀愁のようなものが漂います。




ただそれだけ。




うん。




これはきっと解釈が自由なんだろうな。




特に伝えたいメッセージがあるわけでも、




特定の情景があるわけでもなく、




解釈自由。

















「母よ!!」と言っている割に「乳母車を押せ」と。。。赤ちゃんがそんなこと言うはずもなく。。。




ましてや、大人になってからの「母」を思い出しているという感じでもない。




ドラえもんのような感じでタイムマシーンにのって過去の自分を見ていたりするのでしょうか??




ドラえもんでよくそんなシーンがありますよね。「結婚前夜」などなど。




そうならば、「道の先にあるもの」を知っているとしてもおかしくはないですよね。




ふむふむ





でも、「道の先にあるもの」が「遠く遠くはてしない道」て、、、




う~む。




母と死別して、母はその先の「私」の人生をしらない??




「私」人生を知らない母に向かって「安心せよ」と




そうすると「りんりんと押せ」という言葉が「私は大きくなっている、だから安心して押せ」といった雰囲気にもみえますよね。





母に「押せ」と命令してますよね。




どういう感情で命令してるんでしょうかね。








いいぞ

いいぞ

その調子だ!!

押せ!!








のび太のように涙を流しながら。







そんな感じでしょうか。






小学生たち。







中学生たち







どう思う??







また何か思いつけば更新してみます。







タイトルとURLをコピーしました